プログラム詳細(柏の葉)

プログラム詳細(柏の葉)

Science

 

毎回、身近なモノを使った実験を行います。五感をフルに使って子どもたちのワクワクに働きかけながら英語を学びます。

例えば、水の入ったプラスチックの袋に鉛筆を刺す実験では、子どもが実際に鉛筆を刺してもらい、同時に“Stab the bag”と言ってもらったり、水が漏れている様子を見ながら、“water is leaking”と言ってもらったりと、実際に目の前で起こること、触ったり行ったりすることを英語で表現することで、日本語を介さずに、英語を聞き考え話すことにフォーカスしています。

学年が上の生徒のクラスでは、ただ実験をして英語を学ぶだけではなく、何故それが起こるのか、どうしてそうなるのかを考えてもらい、同時に原理についても学ぶなど、同じ実験でもより深掘りすることで、英語で考え、自分の言葉で表現することにもチャレンジしてもらいます。

また、実験は、博士課程や研究者と同様に、Question→Guess→Materials→Procedure→Conclusionの手順で進めていきます。実践的な科学的思考の最初の一歩を学んでもらっています。

教材は、マリースクールのオリジナルテキスト、もしくはWork Sheetを使用します。(オリジナルテキスト説明)

Math

年齢にあった内容で、意味がわかることを英語で行うことで自信を持ちながら、英語を学びます。

例えば、小学1年生では、ただ「2-1=1」などの計算問題を英語の先生が単純に教えてくれるという分けではなく、そこで出て来る”take away”や“How many~?”であったり、男の子2人がベンチに座っているという説明で使う“sit”であったり、一人がどこかに行ってしまったという説明で使う“go”であったりと、英語を学ぶ事にフォーカスしたレッスンを行ないます。

文章がある程度読める生徒のクラスでも、算数の難しい内容を学ぶという分けではなく、文章題などを中心に行うなど、英語を学ぶことに重きをおいて取り組みます。

教材は、初学者や幼児・小学低学年の生徒たちはマリースクールのオリジナルテキストを使用します。一通り終えた場合や文章がある程度読める生徒などは、年齢にあったアメリカのテキストの文章題を中心に使用します。

English

初めて英語を学ぶ生徒さんは、アルファベットを書く練習、及びフォニックスから学んでもらいます。
フォニックスとは、アメリカやイギリスなどの英語圏の子どもたちが最初に学ぶもので、英語の「綴り」と「発音」の規則を覚え、英単語の読み方を学ぶことです。

フォニックスが終わり、英語の音がわかるようになってくると、少しずつ簡単なセンテンスを読む練習をしていき、Readingを練習していきます。
長いSentenceが読めるようになってくると、Storyなどを使いながら、新しい言葉や表現を学んでいきます。

教材は、フォニックスであれば、Oxford Phonics WorldやFun Phonicsなど市販の教材を使用しています。また、Storyなどはアメリカなどでも使用されている本を使用します。

© 株式会社 マリー