クロストーク

第1回
マリースクール運営者による英語教育実践編

2020年から小学3年生、4年生で英語が必修化されました。今までは外国語活動という位置付けだった英語が、国語や算数のような教科と同様の扱いになりました。さらに、お子様の将来を見据えて英語を早くから学ばせたいと思う親御様も多くいらっしゃると思います。もしかすると、英語はいつ頃から学ばせたら良いのだろうかとお悩みの親御さんも多いのではないのでしょうか。
今回はマリースクールの運営者である、菊谷さんと奥野が自身のお子さんたちに実践している「英語教育」について紹介させていただきたいと思います。

Vol.1を見る

第2回
英語圏で育てる日本語教育

前回は「マリースクール運営者による英語教育実践編」と題して菊谷さんと奥野さんの教育方針を伺いました。お2人とも真逆のアプローチでしたが同じ願いをお子さんに込められているということが分かりました。
その際に奥野さんの体験談から、プリスクールに通わせるなら何歳くらいからが良さそうかというお話を伺いました。
引き続き、現在はお子さんを日本のが学校に通わせている奥野さんが、英語教育をどのように考えていらっしゃるのか伺っていきます!

Vol.2を見る

第3回
インターナショナルスクールに通う子の悩み

前回は奥野さんから「あえて日本の学校を選んだ理由」「どのようなスタンスで英語教育を考えているか」を伺いました。
そこで今回はお子さんをインターナショナルスクールに通わせている菊谷さんから「幼少期における英語教育の役割」、「なぜインターに入れたのか」、「インターに通っている子が持っている悩み」を中心にお話を伺いたいと思います!

Vol.3を見る

© 株式会社 マリー